ファミマTカードとは?

ファミマを頻繁に利用する人にぜひおすすめしたいのがこの「ファミマTカード」です。ファミマTカードは、T-ポイント制を導入しています。T-ポイントは、ファミマ以外の多くの加盟店で扱われているポイントです。TSUTAYAなどで買い物やレンタルをした際に付与されるポイントもこのカード一枚にまとめて貯めることができるので、複数枚のカードを持つのが嫌な人や、極力ポイントを分散させたくない方にとっては一番持ちやすいカードとも言えるでしょう。公共料金の支払いに使えるのもファミマTカードの特徴です。

ファミマでは買い物100円につき1ポイント付与、さらにファミマTカードにはクレジットポイントというものがあります。これは決済をクレジット払いにしたとき、通常ポイントに上乗せして付与されるポイントのことです(200円ごとに1ポイント)。つまり商品をカード提示+現金払いで買うよりも、クレジット払いで買ったほうがポイントが稼げるということになりますね。これからは、200円以上の買い物なら極力クレジットカードで払っていく方向にしたほうがいいでしょう。少ない金額だからといって萎縮する必要はありません。

また、ファミマTカードは「モバイルSuica」を使うことができます。このモバイルSuicaは、チャージ時の還元率が0.5%に設定されているので、会計の際、ファミマTカードを掲示し、モバイルSuicaで決済すれば、合計の還元率はJCBローソン+Edyと同じく1.5%まで高めることが可能です。
しかしファミリーマートでは、Suicaが全店舗で使えるというわけではなく、佐賀や鹿児島や宮崎では一部の店舗でしか使えません。その場合はiDを使うのが得策でしょう。ファミマTカードiDとは、NTTドコモ製の携帯を持っている方のみが受けられるお財布ケータイサービスです。iDでもEdyと同じく決済時に0.5%の還元が適応されるので、カードを掲示してiDで払えば、1.5%まで還元率を上げることができます。

ただ、ファミマTカードはファミリーマート以外でも、クレジットカードが使えるコンビニであれば使うことができます。ファミマを頻繁に利用している方々にとってはメインで持っていて欲しいカードです。しかし他のコンビニのポイントも効率よく稼ぎたいなら2枚持ちという技を使うことをおすすめします。メインカードサブカードを用意し、両者で足りない部分を補い合えば、日常生活で関わってくるほとんどのポイントを手に入れることができるでしょう。では、ファミマTカードともっとも相性のいいサブカードとは一体何か?その答えが知りたい方々は、「最強の組み合わせ!ファミマTカード+ビュー・スイカ」をご覧ください。