最強の組み合わせ

もっとも多く足を運ぶコンビニに対応した専用カードを持つのはいいことです。けれど、それだけだと他のコンビニで買い物をしたときのポイントを逃すことになってしまいます。その問題を解決するには、やはりメイン+サブのカード二枚持ちをすることが一番でしょう。メインカードの足りない部分をサブカードで補う。つまり、ローソンユーザーならローソンポンタをメインに、ファミマユーザーならファミマTをメインにして、もう一枚使い勝手の良いカードをサブとして持って、他のコンビニで使用すればいいんです。

ファミマTカード+ビュー・スイカ

ファミマTカードをメインとして使うなら、おすすめのサブカードは「ビュー・スイカ」です。

何故なら、ビュー・スイカとファミマTを組み合わせて使えば、ポイント還元率がなんと2.5%までアップするからです。
ビュー・スイカは、定期券としても使えるうえ、オートでSuicaに入金(チャージ)ができます。基本は1000円=2ポイント付与ですが、VIEWプラス対象商品であるSuicaチャージをおこなうとポイントが3倍になります。つまり、利用合計金額1,000円=6ポイント(15円相当※1.5%還元)なので、ビューカードでチャージすればSuica利用時のポイント還元は1.5%まであがるんです!

ファミマTカードは提示するだけでも100円=1ポイントが貰えます。
なので、 商品を買う際は、まずファミマTカードを提示してTポイントを貰い、そのあと代金をビュー・スイカで払います。
Tカードショッピングポイント:1%+VIEWサンクスポイント:1.5%=合計:2.5%。
この組み合わせを利用すれば、2種類のポイントを同時に、しかも効率よく貯めることができます。
Suicaは、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、スリーエフ、セブンイレブン、イオングループ店舗など、今やほとんどのコンビニが対応していますので、ビュー・スイカを一枚持っておくだけでも相当便利になります。

なお、ビュー・スイカにも種類があります。
通常のビュー・スイカ、ビックカメラSuica、JALカードSuica、 ルミネカードなど、ライフタイルに合わせた特徴的な機能を持っているカードがたくさん発行されています。
チャージだけではなく、きっぷや定期券の購入でもポイントは通常の3倍になるので、通勤や通学で毎日電車を使う方におすすめのカードといえます。

 

ファミマTカードビュー・スイカカードの組み合わせがおすすめ